関東雛と京雛の違い

ひな祭り

置き方にも違いがある

雛人形には親王飾りや段飾りなど様々な種類がありますが、必ずいるのが男雛と女雛です。同じように見える雛人形の顔ですが、顔の作り方は共通なのですが人形職人によって顔は微妙に違っています。さらに関東で作られている雛人形と主に京都で作られている雛人形では、比べてみると異なった特徴があります。関東雛は目が大きめで口元は笑い気味になっていてモダンな顔になっていることが多く、京雛は切れ長の目で口はおちょぼ口で細面な京美人風な顔が好まれています。引越しなど人々の移動が多くなってきているように、職人の顔の作り方も関東でも京雛に近いこともあったり、逆になっていることもあります。雛人形ごとに顔の作りや表情が違うのでじっくりと見比べてみて気にいった雛人形を選んでください。そして男雛と女雛の置き方も関東雛と京雛とで逆になっていて、関東雛は男雛が向かって左側となり、京雛では男雛が向かって右側になります。もともと日本では左側の方が高貴な場所とされていたので、お殿さまである男雛が向かって右側におかれていました。しかし、西洋では右側の方が上位とされていて、大正天皇の即位の礼のときに西洋のスタイルで向かって左側に座ったことから関東地方を中心にこの風習が広まったとされています。今では京都に近い地方では昔から変わらない向かって右側に男雛を配置していますが、関東だけでなく日本の多くの地方では男雛を向かって左側に配置するのが主流になっています。