女の子に贈る

ひなまつり

基礎知識と選び方

雛人形は女の子の健やかな成長を願って贈るものです。三月三日の桃の節句に合わせて飾ります。女の子の厄除けとして贈られたという経緯があるため、母親のものや姉のものを使い回すというのはよくありません。一人の女の子につき一対の雛人形を用意するのが本式とされています。雛人形は女親の実家が贈るというケースが多かったのですが、現在はどちらが贈っても構わないとされています。両親が購入してももちろん問題ありません。雛人形は昔の嫁入り道具を模したものも多いため、女親の実家が用意するという風習が産まれましたが、核家族化がすすんだ現代ではそこまでこだわらなくてもよいでしょう。雛人形を選ぶときは、サイズ、お雛様の顔つき、費用、アフターフォローなどを総合的にチェックして選ぶのがおすすめです。狭い集合住宅の場合、豪華な七段飾りなどはなかなか飾れないという家が多いでしょう。お雛様とお内裏様の親王飾りにしたり、親王飾りに三人官女を加えた二段飾りにしたりするのが現実的といえます。最近は住宅事情を反映してコンパクトなものも増えているので、費用面も考慮しつつ実際に見てみるのがおすすめです。また、お雛様やお内裏様の顔つきや衣装の感じも大切なポイントです。同じように見えて、実は一つ一つかなりの違いがあります。我が子に似ているもの、優しい顔つきのものなど選ぶときの基準ほ様々ですが、最終的には好みとなります。初節句に合わせて贈ることが多いので、親の好みで選んでかまわないでしょう。