出産祝いには必ずお返しを

内祝い

費用には相場がある

赤ちゃんが生まれると、友人知人などさまざまな人たちからお祝いをいたたきます。このお祝いに対しては、お礼の気持ちをこめて返礼品を贈るのがマナーとなっています。これを出産内祝いといいます。内祝いは、もともとはおめでたいことがあった際にその報告を兼ねて身内の人々に贈り物を配る風習でした。しかし現在では、いただいたお祝いに対するお返しという意味合いに変わってきています。出産内祝いも同様に、出産祝いに対するお礼として贈られるものです。出産内祝いを贈る際は、いただいたお祝いの額のおおよそ2分の1〜3分の1に相当する額の品物を選ぶのが一般的な相場となっています。ですからたとえば2万円のお祝いをいただいた場合は、1万円〜7千円程度が妥当な額ということになります。もちろん、これはあくまでも目安ですので、親戚や友人など比較的親しい相手であれば、その間柄やしきたりに応じて金額を調整しても構いません。出産内祝いにどんな品物を贈ればいいかということについては、特別なルールはありません。一般的に「縁起が悪い」とされている物を避けさえすれば、食品・日用品・装飾品など幅広い選択肢があります。ただ気をつけるべきなのは、相手側の家庭環境等に配慮する必要があるということです。たとえば少人数の家庭に賞味期限の短い食品をたくさん贈ったり、旅行の趣味を持たない人に温泉宿泊券を贈ったりするのはタブーです。相手方の事情をよく調べ、できるだけ喜ばれそうな品物を贈るようにします。判断に迷った時は、相手が自由に品物を選べるカタログギフトなどを利用するのも良いアイデアです。

ひな祭り

関東雛と京雛の違い

雛人形の男雛と女雛では顔がみんな違く、関東雛は目が大きく京雛は切れ長のように顔の作りにも特徴があります。男雛と女雛の置き方も関東と京都では異なり、関東では男雛が向かって右側、京都では向かって左側に置くのが一般的です。

内祝

お世話になった人に贈る

出産内祝いの中でも様々な価格帯の品があって人気を博している商品はお菓子です。また名入れ商品は世界に一つだけのお返しになるため、親族への出産内祝いとしても高評価です。安価で質の良い出産内祝いを探している方であればハンカチを購入すると良いでしょう。

小学生

入学祝を贈る時期は

入学祝いのランドセルは、新年度早々に買うという人が多くなっています。全体的にランドセルを購入する時期が早まっているので、お祝いの品を選ぶのも早めの方が無難です。特に女の子用のランドセルは、色の在庫が豊富な内に買うのが良いでしょう。しかし、希望の色の受注生産を利用する場合は、急ぐ必要はありません。

ひなまつり

女の子に贈る

雛人形は女の子の健やかな成長を願って飾るものです。女親の実家が贈るという風習がありますが現在は両親でも男親の実家でも構わないとされています。選ぶときはサイズ、費用、お雛様の顔つき、アフターフォローなどを考慮して選びましょう。